おうちにおいでよ!

ハッチにメロメロ日記 &
    さもないひとりごと
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< ナイロビにて、思う | main | 私的アフリカ考 >>

ドバイ-デザートサファリ-

2005.10.9デザート(といったって、甘い物の方じゃないですよ〜)ホテルでののピックアップが3:30だったので、それまで世界一と言われている7ッ星のホテルバージュ・アル・アラブホテルに見学に行きました。が、入り口でセキュリティに呼び止められ、宿泊しているホテルから予約をしなければ入れないと言われました。ガビ〜〜〜ン。
仕方なく写真だけ撮ってきました^^
一体全体、どんな輩が宿泊するのでしょうか???

ドバイはご存じのように石油で今の様になった都市です。
数十年前は、全て砂漠だったとのこと。
で、デザートサファリ。
ホテルはシェラトンだったのですが、ここではシェラトンも影が薄い。
シェラトンから同じサファリカーに同乗したイタリア人カップルが
おもしろかったーーー
正確にはカップルというよりも、husbandの方です。
彼らが学生の頃は、第2外国語はフランス語だったとのことで、
仕事が終わってから、英語を勉強したそうです。
奥様は文法が得意だけど、彼はspeakingとのことだけど
ずっとおしゃべりをし続けていました。
ドライバーが英語で説明すると、彼が奥様にイタリア語で
私は夫に日本語で通訳をしてました。
2005.10.9 2005.10.9











サファリをする前にドライバーがタイヤの空気を抜いている間に、
彼はアラブの民族衣装の白い布と頭に乗せる黒い帽子のような物を
買ってきて、コレクションだとか言って身につけてきました。
白いシャツに白いパンツはそれに合わせるために着てきたとか。
車が砂漠のてっぺんに登ったときはそこから降りるのかと聞き、
危険そうな場所に来ると”Are you sure?”を連発してました。プププッ。
終わった頃には、夫とドライバー以外の3人は気分が悪くなり、
BBQを食べに別の場所に移動中は、無言でした汗
2005.10.9
到着後は、10月13日の”不良おばさん”と呼ばないで!にアップしてますので、そちらで確認してくださいね。
帰る間際、地元の人達が固まって水タバコを
吸っていたので、思わず、パチリ!
独特の雰囲気があるでしょう。
アフリカンサファリ日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://okirakumadame.jugem.jp/trackback/119
この記事に対するトラックバック
みんなのブログポータル JUGEM
無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」