おうちにおいでよ!

ハッチにメロメロ日記 &
    さもないひとりごと
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< ワインクーラースタンド | main | ドライブ日和 >>

ロンドン1日目(6/2)

2006.6.2

出発前に風邪を引いて、
鼻が少しグズグズいいながらも出発飛行機
(飛行機の中で口を開けて寝ていた様で)
窓際の席で空調をたっぷり喉に浴びて、
12時間弱の飛行時間中に
ハスキーヴォイスに早変わり。

ヒースロー空港に着き、入国審査は長蛇の列。
よくよく見ると、審査官は二人プシュー
何百人も並んでいるのにぃ。
しかも、別の審査官のブースには何もしていない審査官が数人。
この国は、旅行者を歓迎してない模様ギザギザ

今までいろんな国の入国審査を受けてきたけど、
こんなに色々聞かれたのは、初めて。
後ろに並んでいた親子の娘が、
「何か聞かれたら、サイトシーイングかトラベルと言えば良いんだよ」
と言えば、その母は
「トラベル?トラブルと言ってしまったらどうしよう???」ってくるりん

あと数人で順番が来るという時になって、
前に並んでいた60-70代位のおじいちゃんが胸のバッチを見せながら、
「このバッチを付けた人を見ませんでしたか?」と。
以下、二人の会話
私:「見かけませんでしたね」
おじいちゃん:(不安げに)「みんな、何処へ行っちゃったんだろう」
私:「どうしたんですか?今晩はロンドンに泊まるのですか?」
おじいちゃん:「んんんーーー。」(とバックから旅程表を出す)
私:(旅程表を見ながら)「フランクフルトになってますよ。
この列はイギリスに入国する人の列なので、ここに来る途中にあった
乗り継ぎ用の入口に戻った方がいいですよ」

と言ったら、荷物を持って一目散に戻っていきました。
あの後のおじいちゃんが、どうなったのか気になるところです^^

世界中何処に行っても、日本人の旅行者がいないところはないと
言われるくらい、本当にどこに行っても日本人はいます。
でも、平和ボケしている日本人の多いこと。
変な外国人と言われないためにも、もう少し気を引き締めて
旅行をして欲しいものですね。
2006.6.2

2006.6.2








空港からヒースローエクスプレスでパディントン駅まで行き、そこからタクシーでハーちゃんちに向かうオースティンのタクシーの中です。
写真では解りにくいのですが、大きな荷物やベビーカーをそのまま詰め込めるようになっています。便利ですね。
ロンドン滞在記 | permalink | comments(9) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

オースティンのタクシー、可愛いですよね。カラフルにペイントされていて、、2年前、私も乗りましたが、後ろの座席が固かった!ドライヴァーはとても感じが良かったけれど・・・。
入国審査では目的と滞在期間位で確か済んだような記憶が・・・。去年のテロで厳しくなったでしょうか? 旅行記、楽しみにしていま〜す。おじいちゃん、無事にフランクフルトに辿り着いたのかしらね(笑)
アガ-テ | 2006/06/14 10:29 PM
アガーテさんへ
ロンドンでは、カラフルにペイントされているタクシーと
伝統的なブラックのタクシーと半々位でしたが、
個人的にはブラックの方が好きです^^
そう言われれば、シートは固かったですね。
でも、長時間乗ったわけではなかったので、no problemでした。
入国審査のことをハーちゃんママに話したら、
テロのこともあるかもしれないけれど、私は遊ばれたとか・・
そういうキャラでは、ないはずなのに。。。
hacchima | 2006/06/15 10:11 AM
元の勤め先の社長令嬢が国際結婚し、一時期ロンドンに滞在していたの。
その時に両親がロンドンの娘のところに遊びに行ったんだけど、持ち物が半端じゃない!
自分達が使う布団から始まり、日本食と名のつくもの全て。
「向こうにも売ってるって!」という私たちの言葉も聞かずに出発。
審査で食べ物のほとんどが没収されたそうです。
特に肉類(缶詰もダメだって)。
ロンドンの入国審査は厳しいわって。
「どこでも一緒なんじゃないの〜?重量オーバーだったんだと思うよ。」と、皆でコソコソ陰口しきり。。^^;
お土産のシャネルの口紅にはニッコリでしたが。

おじいちゃん、気になります。
becchi | 2006/06/15 10:28 AM
becchiさんへ
布団とはすごいですね。
私は、スーツケースの半分が空いていたので、
割れ物包装用にプチプチを詰め込んで行きましたけど・・・
確かにロンドンだったら日本の食べ物は、何でも買えます。
けど、殆ど日本の3倍の値段ですよ〜
荷物の審査は、航空会社の重量制限さえクリアすれば、
スーツケースに入れれば解らないはず???
手荷物で、持っていったんですね^^
って、布団をぉ!!!
hacchima | 2006/06/15 11:21 AM
ふんふん(〃⌒ー⌒〃)
それでそれで!?
続きが早く聞きた〜い!w***ヾ(≧∇≦)ノ"***
Yuri | 2006/06/15 9:28 PM
親子の会話。。。やったことあります(笑)
兄が住んでいたので呼び寄せ便で両親を連れて行きました。
そのときに。。。両親にサイトシーイングよって教えたのだけど、
結局、滞在先がホテルではなかったので、
根掘り葉掘り聞かれる羽目になり、3人一緒にやってもらいました(笑)
今までで一番うるさかった入国審査でしたぁ〜。
だって。。。兄の勤務先まで聞かれたんですよ!
滞在先にホテルの住所を嘘でもいいから
記入しておけばよかったと後悔しちゃった。
それにしてもおじいちゃんどうだったかしら?
LHRはトランジットの場合、わかりづらい記憶があります。
かおり | 2006/06/15 10:46 PM
Yuriさんへ
続き?
ロンドン滞在記は、追々アップしていきますが、
タイムリーな事柄は、”ずれ”が出来てしまうので、
できるだけその日にしないと、ね。
本当は、HPでまとめて更新すればいいのだけれど・・・
こんな私ですけど気長にお付き合いさいね^^
hacchima | 2006/06/16 10:15 AM
かおりさんへ
滞在先がホテルではなかったから、しつこく聞かれたんですね。
私も、友達のご主人の職業も聞かれましたよ〜
確かに、トランジットの場所は解りにくい場所でしたね。
おじいちゃん、気になりますよね。
あの時、ずっと並んでいなければ一緒についていってやれたんだけど、
なんせ、飛行機の到着は遅れたし、やっと数人で順番だったので、
してやれませんでした(ゴメンナサイ)
hacchima | 2006/06/16 10:22 AM
かおりさんへ
滞在先がホテルではなかったから、しつこく聞かれたんですね。
私も、友達のご主人の職業も聞かれましたよ〜
確かに、トランジットの場所は解りにくい場所でしたね。
おじいちゃん、気になりますよね。
あの時、ずっと並んでいなければ一緒についていってやれたんだけど、
なんせ、飛行機の到着は遅れたし、やっと数人で順番だったので、
してやれませんでした(ゴメンナサイ)
hacchima | 2006/06/16 11:18 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://okirakumadame.jugem.jp/trackback/267
この記事に対するトラックバック
みんなのブログポータル JUGEM
無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」